We create Dignity and the Smile

We are active to remove of the mental barriers around the world.

『春休みライブツアー2017』

             

 児童たちのディグスマイルバンドが春休みライブツアーを行いました!


 2017年3月30日(木)

 高崎ジャズスポット・ケイノート

  ライブハウスでの演奏にチャレンジしました!


 2017年4月6日(木)

 群馬中央病院老健施設

  ご高齢の方々へのボランティア演奏で大盛り上がりでした!

2016年8月27日(土)『夏休み子どもバンド』ライブイベント

             

 当施設では発達等に障がいのある児童へのコミュニケーションスキル向上を目的とした療育の一環として、2016年の夏休みに『夏休み子どもバンド』を結成して活動を行ってまいりました。


 このバンドは夏休み期間限定のもので、夏休みの最後に発表会を行うことを目標に練習を重ねています。その発表会の日時が決定したため、ここに告知いたします。


 音楽経験がほぼない状態で参加した児童達が1か月程度で仕上げる演奏であり、また、バンド本来の目的は音楽技術の獲得ではなくコミュニケーションスキルアップであり支援はその目的に基づくものであったことも含め、発表を行う演奏レベルは初歩的なものではありますが、児童達は自信をもって楽しみながら一所懸命演奏いたします。関係者以外の方々も観覧できますので、ご興味のある方は、ぜひ、ご観覧にお越しください。


●イベント名


 ディグスマイル・バンド『ワンピース』2016年 夏ライブ


●開催場所


 ディグスマイル・ルーム・前橋

 群馬県前橋市南町2丁目65-1


●開催日


 2016年8月27日(土)


●開催スケジュール


 11時00分~(約30分) 第1ステージ

 15時00分~(約30分) 第2ステージ


●メンバー


 ボーカル:小6女児

 ピアノ:中1男児

 ドラム:中1男児

 パーカッション・リコーダー:小5男児


●曲目


 ①チューリップ スペシャル

 ②かえるのコーラス

 ③ミッキーマウスマーチ

 ④むすんでひらいて 2016


●お問合せ


 電話  : 027-288-0951

 住所  : 群馬県前橋市南町2丁目65-1

 メール : 

『夏休み子どもバンド』活動経過報告

             

★『夏休み子どもバンド』企画の誕生★


 2016年6月上旬、発達障がいのある児童への療育に音楽療法を活用することを模索して、音楽療法等における過去の研究を調査していたところ、「中学生の集団凝集性と自己肯定感への音楽療法の効果.九州大学大学院.善積明代.2008」という、合奏がコミュニケーションスキル向上に効果があることを考察した研究報告が目にとまりました。

 そこから、当施設では、発達障がいの児童への合奏体験の効果について検討に検討を重ね、コミュニケーションスキル向上を目的とした療育に、合奏としての音楽療法を応用する『夏休み子どもバンド』を企画することに至りました。

 そのような経過から誕生したこの企画の概要は次によるものでした。
『目的』1.生活能力におけるコミュニケーションスキル向上を主目的として、さらに自己肯定感・自己効力感を養い、音楽に集中する時間を提供することにより他の問題行動の減少をも狙う。2.発表会を行い社会との交流を促進する。
『期間』2016年の夏休み中1か月程度。
『実施内容』1~3曲程度を合奏できるように音楽指導を行いながらコミュニケーションスキル向上における支援を行う。そして期間の最終時期に合奏の発表会を行い自己効力感を体験し自己肯定感を育てる。


★『夏休み子どもバンド』児童の募集と参加★


 2016年6月下旬、参加児童の募集は、朝日新聞社様にご理解をいただき記事にしていただきました。さらに上毛新聞社様にも募集情報を掲載していただきました。

 そして、2016年7月下旬より、4名の児童に参加していただくこととなりました。

 4名の児童に関しては、倫理上の問題から、この場でプロフィールをお伝えすることはできませんが、それぞれ特徴をお持ちの小学生から中学生の男児と女児です。この中にはグループ活動への参加が苦手な特徴をもつ児童達もいました。

 (なお、当サイトでは倫理的配慮から児童の活動写真は掲載しません)


★『夏休み子どもバンド』の始動★


 2016年8月上旬、当初4名の子供たちはグループとしての集団行動がスムーズに行えず、ぎくしゃくとした関係でした。しかし、スタッフ支援のもと、児童4名で話し合い、バンド名とそれぞれのパートを全児童が納得したうえで決定して、バンドの活動がスタートしました。

 バンド名は「ワンピース」です。

 パートは、エレピアノ、ドラム、パーカッション、ボーカルです。

 メンバーの中では、エレピアノの男児のみが初歩的な演奏技術を有していました。他の児童は演奏経験はありませんでした。

 当初は、合奏を目指し、集団による療育というスペースの中で個人練習を中心に支援を行いました。児童達は少しずつ楽器に慣れていきました。


★『夏休み子どもバンド』合奏の開始★


 児童達は楽器に慣れ始めたことから、合奏の曲目を決めることとなりました。このバンド企画では残り約3週間での合奏の完成を目標とするため、児童への説明と了解の後、スタッフが3曲の曲目を決めました。

 選曲の基準は、児童がメロデーを全て知り慣れ親しんでいる構成が単純で要素パターンが少ない曲というものでした。これなら約3週間で合奏が何とか完成するであろうという曲です。

 スタッフが決めた曲は、①「チューリップ」、②「むすんでひらいて」、③「カエルの合奏」です。

 ところが、その後、バンドメンバーの児童達から意見がでました。「先生、先生が決めた3曲でもいいけど、ミッキーマウスマーチもやってみたい」「僕も!」「私も!」という意見です。バラバラだったバンドに団結と集団的自主性が生れたことが確認できた瞬間でした。これはまさに児童それぞれのコミュニケーションスキルが向上し始めたためと認められるできごとでした。合奏に向けて進んでいけそうです。

 そのことにより、曲目は「ミッキーマウスマーチ」を追加して、4曲の合奏完成を目指すこととなりました。


★『夏休み子どもバンド』におけるスタッフの支援★


 バンドにおける支援は、児童が楽器に集中できる時間が短いことに配慮して、一日の中で数回に分けながら行っています。また、時にはパート楽器を交換して、音楽活動を行いながらも気分転換を行えるように配慮しました。

 当施設は基本的にはABA(応用行動分析学)を応用した支援を行っているため、できる限りスタッフは児童のひとつひとつを認め小さな成功体験を積み重ねながら自己肯定感を高めるように配慮して支援を行っています(当施設の支援の全てがABA理論に基づいているわけではありません。ABA理論では支援が適切に機能しない場面も多々あります)。

 ところで、バンドに参加している、グループ活動への参加が苦手な特徴をもつ児童達ですが、参加当初には、集団行動上の逸脱行為がいくつかみられたものの、その後それらの行為は減少し、問題となる行動が目立つことなくバンドに参加することができるようになりました。音楽の魅力がこの児童達の問題となる行動を問題が減少する方向へ変容させた可能性があると考えることができます。


★『夏休み子どもバンド』練習と発表会の計画★


 8月中旬となり、児童達が頑張ってコミュニケーションを行いつつ気持ちを重ねながら練習することができたため、合奏のまとまりがみえてきました。

 そして、スタッフと児童が話し合いました。

 スタッフが「最初はバンドはどうなることかと思ったけど、みんな頑張っているから発表会ができそうだよ」と言いました。すると児童は声を合わせて「やった!」と言い目を輝かせました。1人の児童は「じゃ、司会は僕がする」と嬉しそうにとても積極的です。

 バンドの発表会日程は以下のようになりました。関係者以外の方でもご自由に観覧いただけます。ご興味がある方はぜひご観覧におこしください。



★★★ディグスマイル・バンド『ワンピース』 ライブ開催決定!★★★


 ●開催場所


  ディグスマイル・ルーム・前橋

  群馬県前橋市南町2丁目65-1


 ●開催日


  2016年8月27日(土)


 ●開催スケジュール


  11時00分~(約30分) 第1ステージ

  15時00分~(約30分) 第2ステージ


 ●メンバー


  ボーカル:小6女児

  ピアノ:中1男児

  ドラム:中1男児

  パーカッション・リコーダー:小5男児


 ●曲目


  ①チューリップ スペシャル

  ②かえるのコーラス

  ③ミッキーマウスマーチ

  ④むすんでひらいて 2016


 ●お問合せ


  電話  : 027-288-0951

  住所  : 群馬県前橋市南町2丁目65-1

  メール : 

2016年9月10日(土)『ディグ・チューニング体験会と親子ヨガ』

             

 当施設では、現在、心身の調整を図ることを狙った、独自の体操等(以下、『ディグ・チューニング』といいます)の開発を行っております。今だ完全な完成には至っておりませんが、ほぼ完成に近づいてまいりましたので、その簡易体験会を開催いたします。完成以前の状態ではありますが、ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。


 『ディグ・チューニング』は、①想いの表出と身体エネルギーの発散、②呼吸を取り入れたストレッチ体操、③意識と身体の集中と休息、④想いのポジティブ体験で思考パターンの調整、という要素で構成された体操等です。


 当日は、『親子ヨガ・イベント』も実施いたします。

 『親子ヨガ・イベント』では、前半は親から子へのタッチングや親子による組みポーズを取り入れ、後半では親を対象としたヨガポージング体験を行うことを予定しています。心身がスッキリすることが体験できるでしょう。

 親子でのご参加を想定した企画ですが、親だけの参加も歓迎いたします。


●イベント名


 『ディグ・チューニング体験会と親子ヨガ』


●開催場所


 ディグスマイル・ルーム・前橋

 群馬県前橋市南町2丁目65-1


●開催日


 2016年9月10日(土)


●開催スケジュール


 17時00分~ 施設見学会

 17時30分~ 『ディグ・チューニング』簡易体験会

 18時00分~ 『親子ヨガ・イベント』(30分間程度)


●持ち物や服装


 ※『親子ヨガ・イベント』では、カーペット上に寝転ぶことがあります。ご自由にバスタオルやヨガマット等をご持参ください(スタッフは使用していません)。また、動きやすい服装での参加をおすすめします。


●お問合せ


 電話  : 027-288-0951

 住所  : 群馬県前橋市南町2丁目65-1

 メール :